So-net無料ブログ作成
飛行機で旅しよう ブログトップ
前の10件 | 次の10件

本を買ってマイルをためる! [飛行機で旅しよう]

日ごろ気にしてマイルを貯めているおいら。


本を買うときに一番マイルがたまる方法を考えてみた。


本屋さんで買うとクレジットカードで払うか電子マネーで払うかくらいしか方法はないが、


インターネット経由で買うと意外とたまることを発見!


おいらがおもうBESTな方法は楽天ブックスで買う方法。


楽天ブックスDEマイルキャンペーンを利用すると


(例3000円分買うと)
クレジットカード(ANA JCB)での購入で、30マイル
JCBのOKIDOKIランド経由で6P=18マイル
キャンペーンで30マイル
楽天スーパーポイント30P=15マイルの合計93マイルたまる計算に!?
↑計算が違ってたらゴメンナサイ・・・。


こんな感じで貯めると意外と早くマイルもたまっていきます。めざせ沖縄タダ旅行!


たぶん一番効率よく貯めることができるのはANA JCBカードかな。


ゴールドカードにするとEDYにチャージするときもマイルが貯まります!!



石垣行きが大幅値下げ!? [飛行機で旅しよう]

…と喜んでしまったおいら。実は離島の方以外はがっかり。
(以下八重山毎日新聞オンラインより)

離島割引航空運賃、航空2社が変更届け
日本トランスオーシャン航空(JTA)、全日空(ANA)は1月31日、4月1日から離島割引の運賃を引き下げると発表した。石垣~那覇間で両社とも現行1万5600円から9400円に変更する。県が4月から予定している一括交付金の活用事業を前提に対応するもので、両社は同日付で国交省に変更届け出を行った。割引率は普通運賃から59%、現行離島割引から40%。いずれも2月1日購入分から適用される。長年の懸案だった航空運賃の低減問題は、2012年度から創設される一括交付金を活用した事業で実現する見通しとなった。

 今回の離島割引運賃の引き下げは、県の「離島住民交通コスト負担軽減事業」への協力要請に基づき、県が指定する路線について県の補てんを前提に運賃を変更するもの。県は2月定例会で、同事業に必要な経費を予算計上する予定だ。

 JTAは那覇~久米島・石垣・南北大東・与那国、石垣~与那国・宮古など計9路線。4月1日から9月30日までの搭乗分で那覇~石垣は9400円(ピーク期9700円)、石垣~宮古4900円(同額)、石垣~与那国4900円(同額)、与那国~那覇は1万2900円(同1万3300円)となる。与那国~那覇は小児普通運賃、往復割引も対象で、それぞれ1万1100円(同1万1700円)、1万9000円(同1万9900円)に下がる。
 JTAは、ほかに3月25日の搭乗分から、満12歳以上だった離島割引の適用条件を撤廃し、年齢制限をなくす。
 石垣~沖縄線を運航しているANAは離島割引に当たる「沖縄アイきっぷ」を1万560円から9400円に値下げする。今回の変更届けは4月1日から6月30日までの搭乗分。


ANAは沖縄アイきっぷ、JALは離島割引という運賃ですが、


この運賃、沖縄県離島航空割引運賃カードを持つ


沖縄県離島居住者(石垣市、竹富町、与那国町)でないと使えません。


ANAのHPには書いてありませんでしたがJTAのHPには


離島在住の方以外は基本,値上げっぽい内容が…。


宮古島はスカイマークが飛び出してからは激安状態ですが、


石垣島はまだちょっと遠い感じがしてしまう今日この頃…。

EDYで払ってマイルを貯める [飛行機で旅しよう]

昨日の続き・・・。2月1日よりすかいらーく系のファミレスで


クレカ&電子マネーが使えるようになりました。


その中でもおいらオススメのEDY!

edy.jpg

Tポイントがたまるお店で使うとガッツリANAのマイルを貯めることができます。

tpoint_logo.jpg

そのためにまず用意するものはおサイフケータイ、
ANAマイレージクラブモバイルプラスのアプリをインストール)


EDYチャージでマイルがたまるクレカTポイントカード


流れはまずクレカよりおサイフケータイのEDYにチャージ。(200円→1マイル)


チャージしたEDYで支払い(200円→3マイル 2012年3月末まで)


支払い時Tポイントカードを提示(100円→1ポイント→0.5マイル)。


例えばガストで3000円分の飯食って、EDYで払ってTポイントももらうと、


チャージ(15マイル)、利用(45マイル)、Tポイント(15マイル)


合計で3000円利用で75マイルたまるという、高率ぶり。
(厳密に言うともうちょっとたくさんたまります)

2.5%なので例えば12000マイル貯めようとすると48万円。


クレジットカードだけだと240万円使わんと貯めれんことを思うと超スゴイ!
(実際にはもう少し少なくてもたまります)

しかし実は上のやり方には盲点が・・・。


EDYチャージでマイルがたまるクレジットカードはほとんど無く、


おいらの使っているカードは年会費15750円!


さらにANAマイレージクラブモバイルプラスは315円/月の基本料金!


やる気満々でいかんとちょっと高い金額です。


まぁここまでやる人は少ないかもしれませんが、ちょっとした手間と工夫で


特典航空券は手に入ります。ぜひチャレンジしてみてつかぁさい!


余談ですが6月よりEDYのロゴが変更になります。

rakutenedy.jpg

こんなこと書いてると根っからの「陸マイラー」っぽいですが、


飛行機好きのおいらは基本「飛んでマイルを貯めたい人間です (・・*)ゞ」



飛行機の機内で食事 [飛行機で旅しよう]

国際線はともかく国内線は基本的に機内食はありません。


ANAは予約をすればプレミアムクラス用の食事を食べることは可能でしたが、
(時間帯の制限や機材の制限はありますが・・・)

JALは基本的になし(First classのみあります)。


さらに飲み物もアルコールはなし。(沖縄便を除く)という状態。


しかしJALグループのJTAの便(石垣・宮古・那覇から夕方以降に県外に向かう便)に


地元食材を使ったおにぎりともずくスープが登場します(500円ですが)
(以下沖縄タイムス HPより)
日本トランスオーシャン航空(JTA)は2月1日から、那覇、石垣、宮古から県外に向かう夕方以降の便の機内軽食に地元食材を使ったおにぎり2個ともずくスープのセットを500円で販売する。
搭乗客の要望を受け、客室乗務員のワーキンググループが企画。新たなサービスで顧客満足度の向上を目指す。
出発地によっておにぎりの種類が変わる。石垣発は八重山こしょう、宮古発は雪塩などを使用。那覇発はジューシーで沖縄らしさをPRする。もずくスープは本島産で、食感を生かすため乾燥タイプではなく生タイプにこだわった。
ランチョンマットにはおにぎりの説明と食材の問い合わせ先を記載する。
同社客室乗員部の金城薫課長補佐らが27日、沖縄タイムス社を訪れ、「夕方以降の便のお客さまから『小腹がすいた』という声をよくいただいたので企画した。沖縄の特産品を紹介するチャンスにもしていきたい」と話した。


おいらも沖縄から帰るとき機内で食べる食事は空港内2Fのファミマで

tacos.jpg
(写真は沖縄観光チャンネルさんHPより)

タコス巻きとオリオンビールを買って行くのですが、


機内でも沖縄らしい食事が出来るようになると身軽に行動できるなと。


欲を言えばANAのプレミアムクラスの沖縄発の便に沖縄食材を使った


食事がでてくればいいのですが・・・。


以前島らっきょうを機内で食べようとしてパックを開けたときのニオイが


すごすぎて食べるのを断念したおいら・・・。コレだけはオススメしません!

ANAラウンジリニューアル [飛行機で旅しよう]

年末から改装のため閉鎖されていた那覇空港のラウンジ「signet」


2月25日の予定であらたにANA LOUNGEとしてオープンします。

nahalounge.jpg
(写真はANA HPより)

改装中は沖縄を名残惜しむ!?ビールが飲めなくてちょっと寂しかったですが、


実は那覇空港発の飛行機に乗ることで500マイルももらえてしまう、という


キャンペーン?のおかげでいっぱいマイルもらっちゃいました。
(ANA HPより)
平素よりANAをご利用いただき誠にありがとうございます。
改修工事に伴い、以下の国内線ラウンジを全面閉鎖いたします。
空港 ラウンジ閉鎖期間(工事期間)
沖縄(那覇) 2011年11月14日(月)~2012年2月下旬(予定)
鹿児島 2011年12月12日(月)~2012年2月下旬(予定)
熊本 2012年1月10日(火)~2012年3月下旬(予定)
なお、閉鎖期間中ラウンジをご利用いただけないお詫びとして、入室資格者ご本人様に限り当該空港出発のANA便ご搭乗ごとに500マイル進呈いたします。事前登録は必要ございません。ご搭乗いただいた翌月の20日までに自動登録させていただきます。


2月に行こうかなと企んでいたのですが、下旬に予定を組んで、


新しいラウンジを見に行ってみようかなと・・・。まぁ、ほとんどビョーキですな・・・。



ANA 新運賃発表(´ρ`) [飛行機で旅しよう]

ANAが予告していた新運賃が発表になりました。

tabiwari55.jpg

その名も「旅割55」内容は単純。55日前までの予約でOK。


スーパー旅割は「旅割45」、旅割は「旅割28」と名前が変わりました。


基本ルールは旅割すべて共通。
マイル積算75%。取消し料50%+420円、予約変更不可。


価格はちょっとガッカリ・・・。「超割」くらいのインパクトを期待してたのに。


GWあけの5月25(金)~27(日)日

大阪(伊丹)~沖縄(那覇)往復(ANA105便、106便)の運賃は

旅割55 、往路17100円、復路18100円、合計35200円
旅割45 、往路18000円、復路19000円、差額+1800
旅割28B 、往路19000円、復路20000円、差額+3800
旅割28A 、往路20500円、復路21500円、差額+6800


ついでに鳥取~羽田の運賃も。(ANA294便、299便)

旅割55 、往路15700円、復路17100円、合計32800円
旅割45 、往路16500円、復路18000円、差額+1700
旅割28B 、往路17500円、復路19000円、差額+3700
旅割28A 、往路18400円、復路19900円、差額+5500
ってか、沖縄とたいした料金が変わらんのもある意味すごい・・・。


超割&一日乗り放題復活を切に望む・・・。


チケットを手配するのもまた旅の楽しさかな。(取れなかった場合も含めて)


単純に日にちだけで区切る事務的作業・・・( ´△`)


ANAさんよろしくお願いしますよ。面白い旅になるよう・・・。




大阪(関西)~石垣 直行便キタ~ [飛行機で旅しよう]

ANAの大阪(関西)~石垣便が復活です。

ishigaki.jpg
(写真は石垣島の観光案内さんHPより)

2006年11月(たしか)から休止になっていましたが、


6月より復活です。(9月末まで)


運賃は高そうですが・・・、(JTAでは普通運賃で片道48400円!)


乗継旅割ではなくスーパー旅割でのれたり(設定があればですが)


マイルを活用すれば意外とオトクにいけるかも?


マイルを使っていく場合沖縄離島便はオトクにいける仕組みがありますが、


コレを使うと大阪(関西)~石垣~那覇~宮古~那覇~大阪と


ANAでもマイルでオトクに島巡りが出来ちゃいます。
(ただ上記の組み合わせですと、宮古~那覇のチケットを購入しないとダメなのと宮古島を飛び越えて那覇に行ってからまた宮古島に戻るというムダ感が許せん人にはオススメしません。残念なのは石垣~宮古間の便がANAには無いことだ。JTAにはありますが・・・。ただ那覇~宮古間はスカイマークが参入して価格競争激しいです!6月はわかりませんが今ならスーパー旅割2900円という設定もあります。ちなみに石垣直行便ではなく大阪~那覇~石垣~宮古~那覇~大阪でもマイルを使ってオトクに行けますが石垣~宮古間がJTAしかなく価格も高いのだ!)


ただ特典航空券は超人気路線になりそうかな!?


旅割みたいにマイレージクラブのランクに応じて予約期間の区別があればいいのに。


石垣島に久しく行ってないなと思う今日この頃・・・。



鳥取~東京便 ちょこっと大型化(期間限定) [飛行機で旅しよう]

1日4往復しかない鳥取~東京便ですが、


7月~9月までの期間限定で(予定)で、ボーイング767が就航します。

B767.jpg
(写真は日本海新聞 HPより)

ボーイング767は羽田で見ると大きいというより、小さい部類。


・・・が、鳥取に来ると空港に似合わないデカさ!


空港に駐機している状態でも垂直尾翼がけっこう遠くから見ることが出来ます。


B737A320では見えません。


B767になるのは4便中東京発の3便目と鳥取発の最終便。


おいらがいちばんよくのる鳥取発最終便の298便が大型化になります。


ただ、鳥取空港の検査のキャパがギリギリか!?


1つしか検査レーンがない状態で270人満席を


遅延無く出発させることが出来るのか!?


沖縄への乗継が控えているおいらはドキドキかも(・・*)ゞ


大型化するより5便化(夜8時以降の鳥取発)にしてもらえるともっとうれしいかな。

日本海新聞の掲載記事はこちら

ANA vs PEACH②機材編 [飛行機で旅しよう]

昨日に引き続きANA vs PEACH比較。今回は機材(飛行機の種類)。


PEACHは全機エアバスA320新造機!なかなか奮発してますな(^∇^)

peacha320.jpg

ANAは鳥取に飛んでくる機材のひとつです。(もう1機種はボーイング737-800)

anaA320.jpg

スペック的な違いはANAは短距離路線用、PEACHは長距離路線用。


最大離陸重量と航続距離に違いがあります。


シートの配置はANAが166席。PEACHが180席。

anaA320seat.jpg
peachseat.jpg

ANAは(3席=通路=3席)×27列+(2席=通路=2席)×1列の合計166席、


PEACHが(3席=通路=3席)×30列の180席。


シートマップを見てもパッと見、違いがわかりにくいですがよく見ると、


両社とも30列目まで番号は振ってありますが、


ANAは13の番号が欠番になってます。ので、28列となります。


シートピッチ(椅子と椅子の中心間の距離のこと)も調べてみたのですが??です。


単純計算でPEACHはANAの28/30=0.93ってことはビミョーに狭そう。


同じA320で運航しているニュージーランド航空の30列シートで


30~33インチ(76cm~84cm)。一般的には33インチが多いのでやはり狭い!


シートの構造などでシートピッチの数値より体感が変わる場合もあるので、


一概には言えませんが、相当工夫がしてないと大柄の人はキツそう(U_U)。。。


ANAなら非常口座席に座れば他の席より広いのですが、


PEACHは非常口座席を指定するのは有料!!?
peach3.jpg
(以下PEACH HPより引用)
ストレッチシートは、最前列(1列目)ならびに非常口の列(12・13列目)の座席で、
他の座席に比べて足元のスペースが広く、より快適にお過ごしいただけます。
※ただし、12列目はリクライニングができません。ご了承ください。
※チャイルドシートをご使用される場合、非常口座席にはお座りいただけません。
また、1列目座席(ストレッチシート)にはチャイルドシートが装着出来ない可能性がございます。


最前列ならともかく、非常口座席が有料って・・・、理解に苦しむ今日この頃・・・。


って、悪口ばかり書いてるみたいですが、実はちょっとのってみたいかな(・・。)ゞ


どこをどうコストダウンすれば、どれくらいのものになるか やっぱり自分の目で確かめてみんとなo(^o^)o






ANA vs PEACH①運賃編 追記 [飛行機で旅しよう]

昨日のブログで書いたPEACHの運賃情報。

peach3.jpg

その中でシートの指定に関するものが気になったので


コンタクトセンターに電話してみた。


結果・・・、座席指定有料の「ハッピーピーチ」で購入した場合


座席指定をされたお客様の席を除いたところにランダムに入るとのこと。


シートが決まるのも搭乗手続きをするとき。予約時には決まりません。


ついでに聞いてみた。親子でもそうなるのかと・・・。答えは「YES!?」


席に座る場合は離ればなれの可能性もあり。まぁ座席指定すればいいだけの話ですが。


もちろん友達・恋人・夫婦でも同じ。ただ介助が必要な場合は別みたい。
詳しくはこちら

まぁ、そういうとこまでビジネスライクにしてしまうのがLCCでしょうが・・・。

前の10件 | 次の10件 飛行機で旅しよう ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。